注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

 
 
 

日志

 
 

PSP GAME【DIABOLIK LOVERS】ライト線玩后感!(略剧透+攻略性质)  

2013-11-13 21:20:22|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
  PSP GAME【DIABOLIK LOVERS】ライト線玩后感!(略剧透+攻略性质) - Ryuchan -
对,贫尼最先攻克的ライト线。原因很简单,平川大辅的声优orzzzz(其实其他声优也很强大比如小西克幸嗷嗷嗷啊!!!!鸟海浩辅!!!还有其实我一开始很想攻的绿川光啊啊啊!!!够了注意节操...)

首先这个游戏一开始可以先攻克ライト、アヤト、カナト。攻完其他三只才能解锁(?其实我只玩完平川到目前)。
先来几张ライト变态的表情= =哈哈
哈。
说实话ライト的性格我倒不是很喜欢(不过估计比起カナト已经算好很多!)~不过选选项的时候一定要把自己看做是那个被他虐待然后喜欢上他的女主,否则= =
 
PSP GAME【DIABOLIK LOVERS】ライト線玩后感!(略剧透+攻略性质) - Ryuchan - PSP GAME【DIABOLIK LOVERS】ライト線玩后感!(略剧透+攻略性质) - Ryuchan -
 
PSP GAME【DIABOLIK LOVERS】ライト線玩后感!(略剧透+攻略性质) - Ryuchan -
  
游戏分为
 Dark, Maniac,Ecstacy,Ending四部分。

 
 Dark, Maniac,Ecstacy三个形式是一样的,每章10小节。
1-6小节 是用来提高好感度的,要好感度到了在Ending的时候才能打出前两个结局。选项如果合对方意的话会显示出爱心,如果犹豫不定的话可以在选项之前存档就妥妥儿噜~
对待
ライト君,就是要傲娇那么点儿,引起他的变态就好(= =)
7-10是用来增加S度和M度的 ,1-6的好感度够了的话,S和M能让你进入Ending1或Ending2。
如果选项是比较S的,背景上会出现一个紫色的吊灯,选的时候照着各种不顺他心的选项就好。
M是蓝色的, 选的时候选比较逆来顺受的选项就好= =
7-10的女主对白里会有三选二的选项,那个选项会影响到游戏特典~没选到就解不开特典的所有锁...贫尼一开始没意识到,看来需要重新刷一遍!(7-10的选项以用红色标记)

 剧透一下如果1-6好感度不给力后面会直接解锁Ending3就会幸福地死在
ライト的手上= =
Ending1和Ending2都算比较美好送图两张。
PSP GAME【DIABOLIK LOVERS】ライト線玩后感!(略剧透+攻略性质) - Ryuchan -
 
PSP GAME【DIABOLIK LOVERS】ライト線玩后感!(略剧透+攻略性质) - Ryuchan -
 奉上女主的内心独白日文版,禁止盗用,转载注明


ライト線

 

 

――Dark

 

07

 

――その夜は長く、永遠に続くかのようだ。

 

初めての行為に私はショックを受け、そして彼が確かに

ヴァンパイアであることをまざまざと知らされた。

私の血を吸って力をみなぎらせる夜闇の住人

 

そんな彼が口走った“貴女”とは一体誰?

彼は浮かれた声で、愛していると言っていた。

 

所詮私は彼にとってはただのエサ。

深入りすべきじゃないってことも判っている……

 

判っているのに、そのあらかじめ仕掛けられた

蜜のような言葉が、耳について離れない。

 

08

 

――私が心配していたようなことは

起こらなかった。

 

闇の眷属の牙を受け、その血を

すすられたものは、すべからく、

その眷属の仲間入りを果たすと、

 

そう信じていたのに。

 

結局、後遺症らしきものは特に

見られず、私は相変わらずの

昼夜逆転生活を続けている。

 

 

 

 

 

ライトくんはなぜか父のことを知っている風だった。

 

私のお父さんはただの神父。

でも、ライトくんはそうではないと……、

“ただの神父ではない”と言外に言っていた。

そのことをかれは、とある筋に調査を依頼していた。

それと同時に“人間と悪魔の取引なんて、

あの人に任せておけばいい”とも言っていた。

 

取引って?あの人って?

 

――謎が、深まっていく。

 

私が逆巻家に来たことに、なにか理由があるの?

 

 

 

正直、ゾッとした。

この部屋のドアをノックしてしまった

ことを心底後悔した。

 

優しさや同情が通用する相手では

ないことは知っていたはずなのに。

 

――なぜ、私は……この部屋のドアを

ノックしたのだろうか?

 

 

 

08

――私は、一人学校を抜け出して、

とある場所にやってきた。

 

ここは私の馴染みの場所。

何度となく泣き、何度となく笑い

何度となく歌った場所だ。

 

教会。

 

ここにはほんの数ヶ月前まで、

お父さんがいて、私もその手伝いを

良くしたものだった。

 

 

09

――私は監視する誰かの存在に薄々気付いていたのに、

敢えて気付かないフリをしていた気がする。

これは……ライトくんが言うところの

私の欲望がそうさせたのだろうか?

違うと思いたいのに、きっぱりと否定できない……。

 

今すぐ逃げ出そうとすればできるのに……どうして?

そんな自問自答を繰り返すと、

私の心臓がなぜか非道く高鳴るのだ。

 

こうやって彼らを煽るような行動を取るたびに、

私の中のもう一人の私が笑いながら現れる気がする。

彼に、辱しめられたいと--。

私は、私が怖くてたまらない。

 

 

10

 

まともに相手しちゃいけないのは分かっているのに、

ついつい普通の人に接するように振る舞ってしまう。

彼にとって私はただのエサであり玩具

籠の中の鳥は逃げられないのだ。

今後もああやって弄ばれることは覚悟しておかないと。

 

それにしても、兄弟同士の仲が悪いというのには、

少し驚いた。

他の人たちは見ていればわかったけれど、

まさかこの三人まで仲が悪かったなんて……。

 

端から見ている限りではむしろ仲睦まじく見えたのに。

同じ血を分けた兄弟なのに……。

やはり、ヴァンパイアの考えることはよく判らない。

 

 

 

――Maniac

 

愛ではないと知りながら。

私は貴女に愛を求める。

 

そして貴女は、私にそれを与えるふり

そしながら、暗闇で舌を出す。

 

信じれば信じるほどに深みにはまって

いく。

 

これが永遠に続く螺旋階段だと思うと

いっそのこと。

 

貴女をここから

 

突き落としてしまおうかと

考えたりもする。

 

この愛は終わりでなき円舞。

この愛は果てなく続く闇。

 

07

 

ライトくんの叔父さんという人がおとずれてからの

彼の様子は、普通ではなかった。

あまりにも突然のことだらけで、心が追いつかない。

 

さっきの人は、私を「教会から差し出された生贄で、

あの方が特別に選んだ」――そう言っていた。

それに、「あの人に良く似た匂いのネズミ」とも。

 

まだ全貌は見えないが、

私がここに来た理由は分かった。

私は、ここの兄弟たちへの生贄なのだろう。

しかも……教会が私をそう仕向けた。

私はこのまま生贄として……

身も心も食べられてしまうのだろう。

 

08

 

私はライトくんたちの父親、大物政治家である

逆巻透吾の意向で生贄とされたようだ。

そして、私を選んだのは、父の所属する教会の人たち。

教会がどうして私を選んだのか。

兄弟の父親はなぜ生贄を欲しいているのか。

 

でも、もうそんなことはどうでもいいと思えるくらい、

私はライトくんから与えられる快楽に、

徐々に埋もれていってしまっている。

 

身体に刻みつけられる堕落の痕がそうさせているのか。

あるいは、この胸の病のようなもののせいなのか……。

それとも、ライトくんが言うように、

これが私の本性なのだろうか。

 

09

 

――どうやら自分の身体は、

徐々にヴァンパイア化し始めているらしい。

 

自分の変化に気づいていない訳ではなかったけれど、

はっきりといわれると非道くショックなことだった。

 

私自身がライトくんと同じ

ヴァンパイアになってしまうかもしれないという、

信じ難い現実

 

どうすればいい?なにか手立てはないのか?

その自問自答に今は

有効な答えを見つけ出せないでいる。

 

10

 

こうして私を辱しめることで快楽を得ているライトくん。

彼の要求はどんどんエスカレートしていってる。

 

けれど……

こういった状況に諦めの気持ちを覚えると同時に、

……ある種の快感を覚えるようになってしまっている

自分に気づく。

 

――怖い。

 

私は自分自身が自分のモノではなくなっていく感覚を、

ただひたすら恐れている。

 

 

 

——Ecstacy

 

07

 

——花嫁は今まで何人もいた。

その事実は私の心を傷つけた。

 

過去の花嫁たちも、

こんな感情にさいなまれたのだろうか?

覚醒を待たずして悲惨な最期を遂げただろう彼女達は、

どんな気持ちでいたのだろう?

 

私の心は醜い嫉妬のようなもので一杯になっていく。

私が覚醒の一歩手前まで来た最初の花嫁だと

知らされてもなお、それは消えない。

 

いつから私は

こんなにも欲張りで嫉妬深い女になってのだろう?

 

 

08

私の心臓が、私のものじゃないだなんて、

私はやっぱり長い悪夢の中にいるんじゃないだろうか。

私の心臓は、ライトくんをはじめとする三つ子の母、

コーデリアのものだった。

 

私が特別なのは、彼女の心臓のおかげなのだろう。

 

彼女は私を覚醒へと導き、

私の身体を乗っ取ることを計画している。

けれど、私はコーデリアに私の身体を渡す気はない。

コーデリアは、彼の憎くて愛しい存在だから。

 

私自身は、彼に愛されないならなおのこと……

ライトくんに、彼女をあげるわけにはいかない。

 

09

 

アヤトくんが去った後、

私はライトくんんにお仕置きをされてしまった。

ライトくんがああさせたのに……。

 

私はライトくんのモノ。そうではなかったのだろうか?

それなのにライトくんは私をアヤトくんに差し出した。

やはり、ライトくんは私の中に

コーデリアの影を見ているのだろうか。

 

ここをが追いつかない。私自身を愛して欲しい。

そう思っても、私の中にはコーデリアがいて……。

 

コーデリアが私の中にいる限り、

永久にこんな気持ちに苛まれることになるのだろうか。

 

 

10

 

レイジさんのくれた薬。

あれは、死ぬ為の薬ではなくただの催淫剤だった。

 

やっぱり、彼らは信用することのできない人たち。

もちろんライトくんだってその中のひとりに違いない。

わかっているけど、私は、

彼がしてくれた約束が、嬉しくてたまらなかった。

 

――殺してあげるよ。この手でね。

 

それを聞いて私は、

舞い上がりそうなほどに興奮してしまった。

 

きっとそれが……ライトくんの私への愛の証し

 

 

 


  评论这张
 
阅读(534)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017