注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

 
 
 

日志

 
 

01年老剧[恋爱革命]经典台词!  

2013-11-22 16:17:06|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
01年老剧[恋爱革命]经典台词! - Ryuchan -
 很喜欢的一部老剧 ,很喜欢这个每集开头来点儿至理名言的设置。不太待见网上的归纳,AND自己有些喜欢的话木有(特别是求婚那里),所以自己重新整理了一遍(丧心病狂)?转载请注明


恋はタクシー待ちに似ている。待っていると来ない。タクシーが通らないわけじゃないのに、空車が見当たらない。これが一番いらいらする。あちの通りに見つかるかも、と目を逸らすと、誰かに持って行かれる。じっと待ってでも来ない。探しても来ない。来ない時は来ない。いや、来ない人には来ないんだ。そう思って諦めて歩こうとすると、いきなり何台もタクシーが連なって来たりするんのだ。

 

恋爱就像等出租车。在等的时候,不来。不是没有路过的车,而是没有一张是空车。这样最让人心急。去别的路口可能容易等到--当我这么想的时候,就会有人打到车而去。一直等,还是不来。在怎么等也不来。不来的时候就是不来。不,不会来的人,终究是不会来。当我想放弃,打算走路的时候,突然眼前就出现了好几辆空车。

 

朝、家を出るとき、空を見て悩む。傘を持って行こうか、どうしようか。大抵結論は決まっている。持って行くのだ。人は過去の経験から学習する。ちょっと荷物になるのを我慢するだけで、失敗を避けることができるのだ。だけど、もしかしたら、私の傘は、私が思っているより、もっと、ずっと重い荷物なのかもしれない。

 

早上,要出门的时候,看着填空烦恼起来--到底要不要带伞出门。大部分的决定都是一样,就是带着出门。人是从过去的经验中学习的。只要稍微忍耐一下多带样东西,就可以避免失败。可是,说不定,或许比我想象得要多余得多。

 

誰の家の靴箱にも必ずある、サイズの合ってない靴。少しきついっと思いながら、履いているうちに合うようにかもしれない。そんな言い訳を自分にして、買ってしまった靴だ。いずれ痛い思いをすると、本当は分かっているのに、どうしても欲しい。そういう靴に、誰も巡り会ってしまうのだ。

在每个人的鞋柜里,一定会有一双尺寸不合的鞋子。明明觉得很紧,可在试穿的时候又觉得也许刚好,而且穿久了,应该就会觉得舒服些,於是就这样自我安慰下地买下。其实自己也知道,一定会碰到痛苦的经验,可是还是很想拥有。不论是谁都会有这麼一双鞋子

 

旅の下手な人士というものがいる。何が持って行くべきか迷い、決めるのに疲れ、重い鞄を運ぶのに疲れ、せっかく持って来たんだからと、無理をして疲れ。要するに、疲れるために、旅をしている。その結果、大きくて、重い荷物を片付ける気力も失い、いざというときに、必要なものが手元になかったりするのだ。

 

 

有一类人,不会旅行烦恼到底要带什麼去才好下决定下得辛苦搬运巨大的行李搬运得很辛苦而既然带去了总安慰自己是有备不时之需希望样样都带齐了就要装个样子,装得辛苦也就是说自己是为了累死自己才去旅行的到最后也失去了整理巨大行李的力气可面临紧要关头时最重要的往往也还是没带在身旁


時々、靴下の片方が行方不明になる。家のどこかにあるはずなのに、家のどこを探しても出てこない。片方だけの靴下は役に立たない。なのに、つい捨てられずに、とっておいてしまう。めったにないことだが、あるとき、忘れた頃に、どこか思い掛けないところから、消えた靴下が出てくると、買ったときの何十倍も嬉しい。その嬉しい瞬間のために、人は使い道のない、片方だけの靴下を捨てないのだ。

 

 

有时候袜子的其中一只会突然失踪应该在某个地方可整个家都翻遍了却怎麼也找不著。只剩一只的袜子,一点用处也没有,却还是没把它扔了。虽然寻回另一只袜子的机会很小,然而有时候,就在几乎快遗忘的时候,在从没想过的地方,重新发现那只失踪的袜子时,却是比当初刚买到时还高兴几十倍。为了那高兴的一瞬间,人往往也无法丢弃没有用处而只剩下一只的袜子

あたしね、ずっと恋がしたかったの。身悶(みもだ)えするような恋が。だけど、下手くそな恋って、本当に苦しい。知らなかった。恋の病がこんなに苦しい病気だなんて。

 

我啊,一直都想恋爱。谈一场轰轰烈烈的恋爱。但是,笨拙的恋爱,十分痛苦。我从来不知道,恋爱的病痛居然会如此痛苦。

 

「そこまでつまらないことをする女だとは知らなかった。」

「私だって知らなかったわよ。私だってこんな自分が嫌い。駄目になってく自分が嫌いなの。もう嫌。」

「恭子さん…」

「あなたに恋してるの辛くなってきた。あなたが普通に生活してるだけで、あたしは一一舞い上がったり、落ち込んだりして、疲れて、もう嫌。」

「別れたいって言うの?」

「そんなこと思ってない。」

「じゃどうしたいの。」

「結婚して。あなたに恋してると、生活してる暇がないの。仕事がいい加減になっちゃうの。そんな理由でこんなことずるいかもしれないけど…須賀さん、あたしと結婚して。

「…いいよ。」

「えっ?」

「いいよ、結婚しよう。

——我都不知道你是个会做这种无聊事情的女人(指偷听谈话)。

——我自己也不知道。连我都讨厌这样的自己。我讨厌越来越差劲的自己。已经够了。

——恭子

——跟你谈恋爱真是越来越痛苦。你只是在过日常的生活,而我却为了点小事觉得快乐、沮丧、疲倦,我已经受够了。

——你的意思是想分手麽?

——我没有这么想。

——和我结婚。和你谈恋爱的话,我根本没空生活,工作也会变得没耐心。虽然用这些理由来要求你有些狡猾须贺先生,请和我结婚。

——好。

——诶?

——我说好啊,我们结婚吧。

 

十円足りなくて、一万円札を崩すはめになると、なんだか空しい。そして、思い当たるのだ。今朝、駅でチューインガムを買わなければ、こんなことにはならなかったのに、何気なくしたことが、とんでもないお釣りになって換えて来る。それは、チューインガムがほしいと思った時には、予想だのしなかったことなのだ。

 

因为少了10元,而必须找开大钞时,总觉得很不甘心。然后回想起来,如果早上不在车站买口香糖的话,就不会发生这种事了。无意间做的小事,却换回大量的零钱,这是想买口香糖的当下,没有预料到的事

雑誌でフローチャートを見つけると、必ずやってしまう。結果が気に入らないと、迷った設問また戻って、やり直してしまう。そうやって気づいた答えは大抵気恥ずかしいくらい事実に反している。そして、いつまでもチャート行きつ戻りつしては、どんどん正しい答えから離れていくのだ。


在杂志上看到心理测验时,一定都会玩玩看。当答案不如己意时,就会回到刚刚略有犹豫的问题上,重新再玩一遍,这时候得到的答案,大部份都与事实相差甚远,於是就这麼来来回回好几次,好像也离正确答案越来越远了


向うから歩いてくる人に、道を譲ろうとして体を避けると、相手も同じほうへ避ける。行けないと思って、反対側に避けると、相手も同じ動きをする。譲ろうという気持ちが、妨げになってしまうのなら、いっそ譲れまいと固くなりなると、相手も同時に同じ気持ちになるらしく、お互い睨み合って動きなくなってしますのだ。

 

有人迎面走来。当自己想要让开往旁边站时,发现对方正巧也往同方向让开,心想:「糟糕!」然后连忙往另一个方向让开时,对方也有同样反应。而当礼让的心情失去,乾脆不再退让时,对方似乎也跟我有同样的想法,彼此就这样对峙,都不再愿意退让

 

 

叶えなかった恋ほど、忘れられないものよ。

越是无法实现的恋情,越是让人难以忘怀。


覚悟がないなら、最初から恋なんてするなんて言うの?中途半端な恋で、周りを振り回せないでよ!

没有觉悟的话,一开始就不要说什么要谈恋爱!不要用那种半吊子的恋爱把大家耍得团团转!

 

 

お付き合いしてたわけでもなかったのに、好きで好きでたまらなくて、だけどその後何も言えなかったし、何もできなかった…彼の気持ちを確かめる勇気がなくて…向うの気持ちなんか構わずもっと突っ走っても良かったかしらって。今も時々ふっとそう思う時があるの。

 

我们并没有交往,但我实在是很喜欢很喜欢他。但是之后我什么都没能和他说,也无法做什么我没有确认他的心情的勇气。早知道就别管对方怎么想,自己放手去做就好了。--现在,我也会时不时这么想。

 

 

結論から言うと、諦めました。 婚約を破棄、あなたが出したその答えを受け入れることにしました。ただ須賀さん、あたしにもう一度だけ、もう一度だけあたしにチャンスをください。今からあたしは空港に向かいます。あなたと同じ飛行機に乗ります。あなたの婚約者としてじゃなく、あなたの知らない他人として現れて、あなたと出会うの。もう一度出会ったら、どうせあたしはまたあなたに恋をして、またあなたにプロポーズするから。そうなるに決まってるから。

 

理论上来说,就是我放弃了。解除婚约,我决定接受你给我的答案。但是须贺先生,请你再次再给我一次机会。我现在正往机场去。我要和你搭乘一班飞机。我并不是以你的未婚妻身份,而是以陌生人的身份出现,重新和你相遇。再次相遇时,我还是会与你相恋,再次向你求婚的。我一定会这样的。

 

君が空港に現れなくてよかったよ。知らんりなんかできるわけないだろう。小さな鞄を一つ持った君が息を切らして空港のロビーに飛び込んで来たら、僕はもう嘘を付き続ける自信がない。見送りに来ただけだって言われても、無理矢理手を引いて、飛行機に乗せてしまうかもしれない。だけど駄目なんだ。婚約パーティーの日、僕はギリギリまで迷ってた。君から仕事を奪っていいのかって。博士号の話を聞いた時、あの日のことを思い出した。君が僕にプロポーズした日のこと。「あなたに恋してると、生活してる暇がないの。…須賀さん、あたしと結婚して。」恋をしてたら、きちんと仕事ができないから結婚してくれって。びっくりしたな。だけど、そんな君だから、僕は結婚しようと思ったんだ。「いいよ、結婚しよう。」僕の仕事に君を付き合わせるわけにはいかない。意地になって僕に付いてきても、君が思い出すよ――緑に囲まれた白い家で、僕の帰りを待つのに飽きれ、残してきた患者のことや、とるはずだった博士号のこと。分かり切ってることだろう、本当は君だって分かってるんだろう、恭子さん。側にいて欲しいけど、君に仕事を我慢させたくないんだ。

 

还好你没出现在机场。我怎么可能装作不认识你呢。如果看到拿着小行李箱的你拼命跑到机场大厅来的话,我没有继续装下去的勇气了。就算你说你只是来送行,我可能会硬拉着你,一起坐上飞机。可是这样不行。直到订婚宴那天,我都还一直犹豫着——我把你的工作夺走,这样好吗。听见你说博士的事情时,我便想起了那天你和我求婚时说的话。“和你谈恋爱的话,我根本没空生活。须贺先生,请和我结婚。”你说和我恋爱,便无法工作,所以要和我结婚。我吓了一跳。但是,正因为是这样的你,我才想和你结婚。“好啊,我们结婚吧。”我不能让你跟着我去工作。就算你逞强跟着我去,你也一定会想起——在绿色环绕的白色房子里,厌烦了等我回家的日子,想起剩下的病患们,还有应得的博士学位。你很清楚吧,其实你自己也很清楚吧,恭子小姐。虽然很想要你陪在我身边,但是我不想让你放弃工作。

 

箪笥の角に足の小指をぶつけると、「痛い!」一生続くのではないかと思うぐらいの痛みが走る。だけどもしもその時、突然虫歯が痛んできたらどうだろう。時が解決するのを待てないほど疼く痛みは、もっと痛い思いをして消すのが一番手っ取り早いのかもしれない。

 

 小脚趾撞到了衣柜的一角 ,“好痛啊! 甚至痛得得会不会持 然而,要是 突然蛀牙开始痛了起来,又会怎么 无法再等待时间来解决的疼痛 用更加害的疼痛感来消除 才是最快速有效的方法 

 

試験の時、提出する直前になって答えを見直すと、必ず書き直してしまう。その時はどうしても別の答えが魅力的に見えて、最後の最後の瞬間になって、そちらを選んでしまうのだ。大抵の場合、書き直す前の答えが合っているのに

 

候,提早答完,想要重新检查一次,一定都会改答案。当时总觉得另一个答案很有吸引力,到了最后一刻,就会选择那个人犹豫的答案,可偏偏大多数的候,原本写的答案才是正确的


恋はタクシー待ちに似ている。 いつ来るかわからない分からない。 それまで闇に紛れていた自分の姿が、 やってきたタクシーのヘッドライトに照らされた時 初めて人は、自分という人間を確かめられる。 始めは愛しい人の笑顔に 高鳴る胸の鼓動に 愛しい人の言葉に 傷つく胸の痛みに 自分が今、ここに生きていることを意識し、 そしてだんだん欲張りになっていく自分や、 カッコ悪い自分ダメな自分が見えてきて、 そんな自分と向き合い、戦うことになる。 恋をすること それは実にやるさなく、身悶えするほど痛くて苦しい病なのだ。 そして、そんな恋という名の革命を成し遂げる力を与えてくれるものは、 自分と愛しい人とが触れ合う瞬間の 痺れるような感触だ。 その一瞬から放たれる光を頼りに 恋をしたまえ 
   
很像在等 不知道何会来。 就在等待已久的自己的身影被到来的照到 人才能清自己。从一开始恋人的笑,肆意滋的悸,心之人的话语,受的心痛,意到了自己在真地活在当下,然后渐渐看清心的自己,丢脸的自己,笨拙的自己,并正的自己,与之抗。 是种得很没面子, 丢脸又心痛、难过的病。 这场的革命中,予我力量的,正自己和心的人接触 那股触的感。就在那一瞬予我追逐情的力量。 谈场轰轰烈烈的恋!





  评论这张
 
阅读(443)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017