注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

 
 
 

日志

 
 

PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]アヤト線吐槽剧透!  

2013-11-29 15:23:51|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
   アヤト不愧是官方配啊别人都是熟悉了以后才吸血,他一上来就把持不住了喂!(其实挺帅~)赶脚女主都承受不住了随时要晕倒= =!
  其实挺帅~


PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]アヤト線吐槽剧透! - Ryuchan -
 哈哈哈个人很喜欢这张CG(大叔的嗜好麽这是= =)
PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]アヤト線吐槽剧透! - Ryuchan -
  虽然是抖S但是还挺会撒娇的赶脚,女主就很喜欢摸他的头~嘛个人觉得很有萌点啊一直都是抖S剧情累觉不爱所以这些小温馨还是很好的(哭)
PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]アヤト線吐槽剧透! - Ryuchan -


PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]アヤト線吐槽剧透! - Ryuchan -


结局1PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]アヤト線吐槽剧透! - Ryuchan -
M线,比较正常~幸福M地嫁给他= =

结局2S线,还是一样把所有人都杀完就回来继续抖S地对待女主orzzzz
PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]アヤト線吐槽剧透! - Ryuchan -
  

既然是官方,就把叔父桑写给变态三兄弟家麻麻的情书放这里好了

――愛すれば愛するほどに、

  あなたを、食べてしまいたくなる。

  そしてその身体と一つになれば、

  この渇きは、疼きは、

  癒されるのでしょうか?

  近づけば近づくほどに、

  どんどんと遠くなっていく。

  あなたは熱砂の彼方に見える、

  まるで朧気な幻のよう。

  

选项:


Dark篇
01 痛いから
02 毒を吸い出すなんて危ないよ
03 とりあえず探してみよう
04 怖くないんだから
05 ありがとう
06 使わせてもらうね
07 言う通りにする
08 ごめんなさい…
09 カップを手渡す
10 ロザリオを隠す


Maniac篇
01 しゃがみこむ
02 消しゴムを手渡しする
03 四つん这いになる
04 やってみようかな
05 足
06 味见してもらう
07 それは…
08 身体の力を抜く
09 目を闭じる
10 逃げる

Ecstasy篇
01 手繋いで
02 送って行っただけ
03 ごめんなさい
04 说得する
05 アヤトを蹴る
06 吸われても死なないから
07 大丈夫
08 アヤトを警戒する
09 放送を切る
10 アヤトを见る

以下是女主心理:

Dark

 

プロローグ

 

まるで新しい玩具を手に入れた

子供のように無邪気で

 

そして、残酷な笑み。

 

執拗に繰り返される吸血行為に

徐々に抵抗する力を奪われ

薄れゆく意識の中で

 

――私はこの先の未来に広がる

闇を垣間見た気がした。

 

07

 

唇から流れ出た血を一滴残さず取り込むように

 

息もできないほど深く、深く、唇を重ねる。

 

これはキスじゃない。

アヤトくんにとっては、いつも通りのただの食事

吸血行為。

 

そう思い込もうとするのに、

どうしようもない喪失感が私を襲う。

 

初めてのキスは

鉄のような……血の味がした。

 

 

08

 

そう囁いて、去る背中を見つめながら

私はまだキスの余韻が残る唇を指でなぞった。

 

アヤトくんは、どうしてこんなことをするんだろう?

 

答えは明確。面白いからだ。

 

オマエのハジメテは全部オレが奪ってやる。

 

全ては彼の快楽のために。

そこにはきっと愛なんてない。

 

……ふいに胸が痛くて、私は自分の身体を掻き抱いた。

 

 

09

 

胸元に零れたココアを舐め取られ、牙を突き立てられて

痛さとくすぐったさに感覚がおかしくなっていく。

 

痺れるような、うずくような。

 

噛みつかれるのは……慣れたせいか、

以前ほど痛く感じない。

 

痛みの代わりに感じるのは、

今まで味わったことのない感覚。

 

これ以上、この感覚に捕らわれてはダメ――。

心の奥で何かが私にそう告げていた。

 

 

10

 

まるで、神様に嫉妬するような言葉。

 

でも、私は知っている。

 

アヤトくんは、ただ……

 

お気に入りの玩具を独り占めしたいだけなんだ。

 

 

Maniac

 

07

 

本当に、どうかしてる。

 

アヤトくんの言葉に、

どこか安心している自分がいるなんて……。

 

嬉しい、と感じるなんて……。

 

私は、湧き上って来る感情を

「違う」「そんなわけない」と

何度も何度も否定した。

 

ダメだ。このままじゃ、心が、堕ちていく

 

自分が怖くてたまらない。

 

 

08

 

身体が重なる瞬間、アヤトくんは微笑んでいた。

 

いつもの面白がるようなものではなく、

どこか安堵したような、堪らなく嬉しいような、

 

そんな笑み。

 

「オマエはオレのモノだ」

 

私の身体をめちゃくちゃに掻き抱きながら

幾度となく囁かれる言葉。

 

その声は、まるで暗示のように

私の心を深く深く侵食していった--。

 

 

09

 

アヤトくんの唇と舌が、赤い印をなぞっていく。

その度に、印はさらに濃く身体に刻まれる

 

――抵抗は、もうしなかった。

血が足りなくて、その気力もなかったのか。

 

それともこの行為を受け入れつつある自分がじるのか。

 

分からない。

 

私は考えることを放棄してただ、快楽に溺れていった。

私は……どうにかなってしまったのだろうか?

 

神様、どうか私を許し下さい。

 

10

 

アヤトくんが、私の肌に牙を立てる。

ギリギリの力加減で噛んで、舐めてキスをして――。

 

吸血衝動を少しでも発散しようと

牙が、舌が、肌の上を暴れまわる。

 

乱暴にされてるのに、その乱暴さが少し嬉しい。

だってそれは……。

アヤトくんが、限界まで我慢してくれてる証拠だから。

 

それが……嬉しい。

 

やはり私は、こんなところに来て

どうにかなってしまったようだ。

 

 

エピローグ

 

嵐のようなキスを受けながら

 

甘く痺れるような感覚に捕らわれる。

 

こんな……いつも私を振り回して

ばかりのブァンパイアに惹かれるなんて……

 

――狂ってる。

 

でも、もう逃れられない。

頭で否定しても、

身体が、心が、求めてる。

 

私は、アヤトくんに

私を食らうブァンパイアに

 

心を奪われてしまったのだ--。

 

 

Ecstasy

 

何か憑りつかれたように

アヤトくんは私は血を啜った。

 

私が意識を手放すまで……。

 

それほどに、変化した血の味は

好みだったのだろうか?

 

それとも、余程渇いていたのか……。

 

私は、少しだけ安堵していた。

 

これならきっと、これからも

アヤトくんは私を手放さない。

 

そう、思ったから。

 

 

07

 

八つ当たりのように強く皮膚に食い込む牙。

 

痛みに、次第に遠くの意識の中、

私はアヤトくんたちの叔父だと言う

彼の声を思い出していた。

 

「コーデリア……」

 

彼が私と間違えていたのは誰なんだろう?

 

聞き覚えのない名前なのに……

なぜか、その名で呼ばれると

 

心臓がひどくざわめいた。

 

 

08

 

その名前を聞いてまた、心臓がざわめく。

 

味を思い出したのか、

再び血を求めて来るアヤトくんの牙を受けながら

 

同じ味の、魔王の血を引く彼女のことを考えていた。

 

どうして、こんなにきになるんだろう……?

 

わからない--。

 

 

09

 

私は観念で、瞳を閉じた。

さらに深く、強く、求めるようなキス。

 

でも

どんなに唇を重ねても、どんなに身体を合わせても、

多分、私たちは恋人のような甘い関係にはなれない。

それは、分かってる――。

 

なぜならば、私たちは

エサとそれを必要とする捕食者の関係なのだから。

 

それ以上でも以下でもない。分かっているのに。

 

胸が、苦しい。

 

 

10

 

アヤトくんの執着は、

私の血に対してだけなんだろうか?

 

……最近は違ってきている気がする。

 

アヤトくんの私への執着。私のアヤトくんへの思い。

――血の繋がり。

 

私たちは、恋人のような甘い関係にはなれない。

 

でも……きっと、それ以上に深く繋がってる。

 

それなら……この関係に名など、なくていい--。

 

 

エピローグ

 

言いながら、私を見る瞳は

 

愛しさと、憎さと

 

ふたつが入り混じったような

狂気に満ちた瞳だった。

 

私は、自分の心臓の鼓動に

耳を澄ましてみる。

 

……どくんっ。

 

一瞬、止まっているのではないかと

いう沈黙の後、激しく脈打つ鼓動。

 

それは、いつか聞いた

 

――アヤトくんの母親の音と

同じもの……?

 

そんなわけがないのに、

気がついてしまったその事実に、

私は戸惑いを隠せなかった。

 

 

 

 

エンディング03

 

神様--。

 

罪深い願いだと分かっています。

でも、どうか……

 

どうか、彼が、母親の呪縛から解かれ

心穏やかになりますように。

 

悪戯好きで、時々甘えん坊な

子供のような、いつもの彼に戻って

日々を、生きられますように……。

 

私の命を捧げますから。

 

どうか、神様--。


  评论这张
 
阅读(381)| 评论(1)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017