注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

 
 
 

日志

 
 

PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]カナト線吐槽剧透!  

2014-02-03 15:45:12|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

还是一样,前面选项决定爱的系数(= =),7-10决定S或M,S高ENDING1,M高ENDING2,中途半端的性格会导致你变成蜡像= =
  话说回来这个KANATO君实在是太有槽点了!!!!

首先,看看他这种笑到癫狂的表情!!还有这个眼袋,天生的是麽= =!每次被他各种虐的时候我都在想我要是女主早就和他对骂了可是女主每次都忍受下来还说放っておけない(无法放着他不管)!我懂了,这是母性本能,一定是= =

PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]カナト線吐槽剧透! - Ryuchan -

还有这个表情!他居然用哭的方式= =我了个去你明明是个抖S你这个表情是在干嘛= =

 
PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]カナト線吐槽剧透! - Ryuchan -

于是重点来了= =我一直觉得乙女游戏是比较纯洁的,结果我错了= =为什么叫乙女游戏,是以为少女玩的话领悟程度有限!拿给我们这类阿姨玩的话,从旁人的话里就能明白各种了比如下图= =!!!
 
PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]カナト線吐槽剧透! - Ryuchan -

再者,兄弟三人组不愧是一个妈生的,这俩人一出现,眼袋熊孩子就必定要吃醋,女主就会死很惨而且这俩人居然还跑人家浴室里!!
 
PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]カナト線吐槽剧透! - Ryuchan -

对于てあげます这个句型掌握得还不太好的同学经过KANATO的洗礼,不,抖S六兄弟的洗礼,一定能把这个语法点用得炉火纯青!
 
PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]カナト線吐槽剧透! - Ryuchan -

接下来到了万众瞩目(...)ENDING,说白了ENDING1就是成为了这个人的玩具?每天就睡睡然后吸吸血?
(能看懂日语的请自行理解下面这句话唉所以说什么乙女游戏嘛啧啧啧)
 
PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]カナト線吐槽剧透! - Ryuchan -
 
ENDING2更没节操= =!!!女主啊,KANATO一不在就游移于其他兄弟之间...啧啧啧,所以最后KANATO怪罪下来她就把其他无兄弟砍了烧了orzzz(我觉得不太现实虽然这个人设本身也不现实!
PSP GAME[DIABOLIK LOVERS]カナト線吐槽剧透! - Ryuchan -

最后一句吐槽,KANATO比兵长高5CM~

选项
Dark篇
01 フレンチトースト
02 ごめんなさい
03 白驹だね
04 声がする方へ向かう
05 カナトくん!
06 理由を闻く
07 行かないで
08 そんなことないよ
09 ありがとう
10 ごめんなさい

Maniac篇
01 头を抚でる
02 近づく
03 カナトくんのもの
04 テディを振りほどく
05 话题をふる
06 心配してくれてる?
07 抱きしめ返す
08 わからない
09 忘れた
10 悪くない

Ecstasy篇
01 食料
02 黙る
03 キスをして
04 何をスピーチするの?
05 もう一度言って
06 カナトくんのため
07 怖い
08 舌を出す
09 もう喋らない
10 寂しそう

以下是女主内心独白= =(选项为红色)

Dark

 

07

 

カナトくんの瞳は、冷たくて暗い。

彼の中には、きっと私には到底理解できない

複雑で真っ黒な闇が渦巻いているのだと思う。

 

私はカナトくんが怖い。

どうして彼を選んでしまったのって、

最近何度も考えてしまう。

彼がどこで機嫌を損ねるのか全然わからないし、

どうやったらその機嫌が直るのかもわからない。

 

振り回されるだけ振り回されることが

こんなに苦しいなんて知らなかった。

 

私は、かなとくんがひたすら怖い。

 

08

 

牙が刺さった瞬間は、とにかく痛くて……

皮膚を裂いて異物が押し込まれるその痛みには、

きっと絶対に慣れない。

 

だけどその後にカナトくんが「気持ちよくしてあげる」

と言うと――突然、何もかもが変わってしまう。

 

傷口を押し広げられる痛みも、

体から血が出ていく気持ち悪さも。

 

何もかもが目も眩むような快楽

押し流されて、何もわからなくなる。

 

逃げられない。捕まってしまう。カナトくんに……。

 

 

09

 

薔薇に囲まれてファーストキスをするなんて、

女の子が憧れる夢みたいなシチュエーションだ。

 

だけど、私は混乱と恐怖で涙が出そうだった。

 

むせ返るような薔薇の香りに微かに混じる、

カナトくんの血の匂い。

 

――クラクラする。

 

まともな人ならきっと、

こんな風にキスをしたりしないよ。

 

カナトくんは……人の気持ちがわからないないんだね……。

 

 

10

 

これ以上耐えられなくて、

私はカナトくんのもとから逃げ出した。

 

テディを蹴飛ばしてしまったんだから私が悪いと思う。

でも、あんなに怒らなくたっていいのに……。

 

そんな感情が、私の心臓をぐるぐると取り囲んでいる。

 

とにかく、テディの扱いにはこれまで

以上に細心の注意を払わなくちゃ。

 

長い廊下を走りながら、

私はぎゅっと目をつぶって滲む涙を誤魔化した。

 

 

エピローグ

 

頭の中が真っ白に染まっていく快楽に

身を任せながら、どうしてだか

泣きたくなってしまった。

 

こんなことばかりされているのに、

私はカナトくんを放っておけない。

 

カナトくんのことをもって知って、

救ってあげたいとさえ思う。

 

私は、どうかしているのだろうか。

 

その心にどんな闇を抱えているの。

 

何か、私にできることはある……?

 

Maniac

 

 

07

 

――カナトくんはハッとしたように

私から離れると、後は部屋の隅で泣くばかりだった。

 

もう何を言っても私を見てくれない

一体どうしたの?何があったの?

 

首には噛み痕に加えて、

指の痕が赤く残ってしまっている。

 

……ここまでされているのに、

カナトくんを嫌いになれないのはどうして?

 

カナトくんのことを、私はどうしても

放っておけなくなっている……。

 

 

08

 

それは、逆らうことを許されない行為だった。

カナトくんがどうしてそんなことをしたのか、

私にはわからない。

 

満月だったから、とか。

執着心が高じただけなのかも、とか。

もう、頭の中がどうにかなってしまいそうだった。

 

ひたすらに怖くて、痛くて……どうして無理矢理

こんなことをって考えたら、涙が出てきた。

 

だけど、嫌だと思えなかったよ。

カナトくんに対するこの感情は何

 

09

 

血を吸い上げ、肌を舐めながら、カナトくんは

何度も何度も、繰り返し同じことをねだった。

 

――好きって言って。

――僕のこと、好きって言って。

 

私は言えなかった。ひたすら無言で、

カナトくんが諦めるのを待った。

 

カナトくんのことは嫌いじゃない。

放っておけないし、側にいたいと思う。

 

この気持ちは恋?……同情?

いつになったら答えが出るんだろう。

 

 

10

 

言われるがままにカナトくんの傷口に舌を這わせた。

……アヤトくんとライトくんの目の前で。

 

ひどく屈辱的で、途中から泣いてしまった。

そんなのカナトくんを喜ばすだけだって判ってたのに。

 

泣きながら、カナトくんは

ろうして突然怒ったんだろうって考えた。

それから、「あの人」って誰なんだろうってことも。

 

その人は、カナトくんにとって

どれだけ大切な存在なんだろう。

私は……もしかして、

その人の代わりに側に置かれてるの……?

 

Ecstasy

 

07

 

私の血は、私の体は、私の全ては、カナトくんのもの。

 

身も心も、全部カナトくんにあげる。

だから、心ゆくまで好きにして

 

襲い来る痛みと快楽の波に飲まれて、

私はカナトくんの闇に沈んでいく

私の中はもうカナトくんでいっぱい。

 

あなたが泣きそうになるたびに、

「側にいるよ」って抱きしめてあげたくなる。

 

だから心を開いて、カナトくん。

……今、何を考えているの?

 

 

08

 

この後、もう一度体を重ねてふたりで抱き合ったまま、

ゆっくりとお互いの体を噛み合った

 

カナトくんは私の肩を。私はカナトくんの指を。

 

血を吸われるときとは違って、

やっぱり痛くて声が出だけど……だけど、

カナトくんが嬉しそうだったから私は幸せだった。

 

気持ちが通じ合うって、とても素晴らしいことなんだ。

カナトくん、ありがとう。

 

いつまでもこうしていたい――。

 

 

09

 

カナトくんの言葉は、まるで何かののように

私の頭の中を痺れさせていく。

 

私は本当はいい子で。

カナトくんに愛されていて。

だけど、永遠に奴隷になった。

 

……これも、ひとつの幸せ?

 

わからないけど……でも、彼の言葉にきちんと

従っていれば、何もかもうまくいくはずなんだ。

 

カナトくんを怒らせたくないし、泣かせたくない。

一緒に幸せになれるのならきっと……なんだっていい。

 

 

10

 

カナトくんが言うことは、

本気なのか冗談なのかわからないときがたくさんある。

その時は白と言ったものでも、すぐに黒に変わったり。

 

最初の頃の私はそれで随分戸惑っていたけれど、

今の私はもう大丈夫。

 

そのときのカナトくんを信じていればそれでいいんだ。

疑ったり考えたりすることをやめたら

とても楽になったよ。

私はカナトくんの言葉と快楽に身を任せていれば

それで幸せ。

 

……そうでしょう、神様。

 

 

エンディング 02

 

カナトくんのことが好きだ。

カナトくんの舌と牙で、微かな痛みと

共に体を開かれるのが好きだ。

 

カナトくんに与えられる快楽が好きだ。

カナトくんのことが愛しい。

 

毎日毎晩、互いを食べりあっていたい。

 

  评论这张
 
阅读(638)| 评论(1)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017