注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

 
 
 

日志

 
 

PSP GAME[DIABOLIK LOVERS:MORE BLOOD]アズサ線吐槽剧透!  

2015-05-08 15:41:24|  分类: 游戏吐槽 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
天呐从来没打过这么痛苦的线= =男主女主的内心独白实在是太多了我打字都被打了要CRY- -
声优岸尾大辅真是不容易orz平时谁讲话这么慢都会很难受吧orz
是的我承认我一点都不喜欢这个角色我对抖M认知无能怪我咯= =
PSP GAME[DIABOLIK LOVERS:MORE BLOOD]アズサ線吐槽剧透! - Ryuchan -

PSP GAME[DIABOLIK LOVERS:MORE BLOOD]アズサ線吐槽剧透! - Ryuchan -
  ENDING1 就算不能成为亚当,但是大家还是默许他们在一起了= =
PSP GAME[DIABOLIK LOVERS:MORE BLOOD]アズサ線吐槽剧透! - Ryuchan -
  ENDING2 知道无法成为亚当的AZUSA各种监禁PLAY开始了orz
PSP GAME[DIABOLIK LOVERS:MORE BLOOD]アズサ線吐槽剧透! - Ryuchan -
ENDING3没照,烧了全家= =

唉,我为什么要做一个强迫症收全CG的人呢!!!!二哥等我TOT我要把我喜爱的那几个留到最后!!!

Dark

 

プロローグ

 

物心についた時にはすでに

誰かに、何かに守られながら

生きる現実など俺には存在して

いなかった。

 

行き交う人々はみんな幸せそうで、

呼吸をするように自然と

俺が夢見るもの全てを

手にしているように見えた。

 

そんな中で俺はただひとり、

自分が生きているのかそれとも

死んでいるのかだけを

考え続けていた。

 

青空を眺めていると、

なぜだか目が沁みた。

 

だから多分俺は生きているの

だろうと思っていた。

 

生きることは空虚で、

俺にはあまり実感がないもので。

 

どういう状況を指して、

生きているの言えばいいのか

そんなことすら分からなくて。

 

息をして、物を食べていれば

生きているのか?

 

何度も何度も自問自答をしては

俺は掌を開いたり閉じたりした。

 

こうしてどこかを動かして

いないとまるで自分が死んでいる

かのように思えるからだ。

 

生きているという証明。

そして生きているという理由。

 

俺はただそれを渇望していた。

 

 

 

人は呪いのような悪循環を繰り返し、

生まれては死に死んでは生まれる。

 

たいした意味もなく、理由もなく。

 

俺を殴った彼らも、

毎日街の誰かに殴られていた。

石を投げられ、罵声を浴びせられ。

 

そして、彼らは声にならない呪いを

ことあるごとに俺にぶつける。

 

巡り巡った怒りが

最後に辿り着く場所。

そこにいるのが俺。

 

俺の役目は彼らの怒りを受け

止めること。

 

それが俺の「存在の理由」だ。

 

 

嫌がれば嫌がるほど、

アズサくんの吸血は激しさを増す。

 

逃げ出さなければと思った。

 

だけど抵抗すればするほど、

どこにそんな力を

隠しているんだろうと思う程の

力で押さえつけられて……。

 

私はただアズサくんに

翻弄されるしかなかった――

 

01-06

切れ味がいいナイフ

辛そうだね

ズキズキかな

恥ずかしい

やり方がわからない

泣かないで

 

07

 

M?S

わかった?嫌だよ……

 

私にナイフを突きつけ血を吸う

アズサくんの瞳に悪意の色はない

 

むしろ善意が

浮かんでいるような気がする。

 

アズサくんのことがわからない。

 

けれどこうして共に過ごすことで、

いつかわかる日が来るのだろうか。

 

今はただ、その日が来ることが

不安な気持ちの方が大きかったけれど……。

 

 

08

 

M?S

わからない?死ぬのは嫌だよ

 

私の知らないところで何かが始まり、動いている。

それがなんなのかは、まだわからない。

 

ただ、ひとつだけわかるのは

アズサくんが助けてくれなければ、

私は死んでいたということ。

 

アズサくんが何を考えているのか。知りたいけれど、

知るのが少し怖いという気持ちもある。

 

……ううん、少し違う。私が怖いのは、

わかってしまった時、自分がどうなってしまうのか。

それを考えると……。

まだ少し、アズサくんを深く知ることが怖かった。

 

09

 

M?S

黙る?嫌がる

 

アズサくんに血を吸われると、

途端に全身が気だるくなる。

 

まるでブァンパイアの痛み

取り込まれているかのように。

 

ナイフで傷つけて欲しいと言うアズサくん。

彼の過去に一体何があったのだろう……。

 

少しずつ意識が手放されて、

抵抗することさえできなくなった。

 

次第に何を考えているのかさえわからなくなり、

そこで記憶が途切れた――。

 

 

10

 

M?S

わ、わかった?できないよ

 

アズサくんは時々悲しそうな目をする。

 

その理由が何なのか、

知ろうとすればするほど

アズサくんのことがわからなくなっていく。

 

これ以上、その心の奥

踏み込んではいけない。

 

そう、わかってはいるけれど……。

 

どんどん彼の事が知りたいと言う気持ちが

大きくなっていく……。

 

 

エピソード

俺が血を流すと、みんな喜ぶ。

その笑顔を見るたびに、

俺は生きて、ここにいていいのだと

思えた。

 

なのに……俺を殴る彼らの腕が

みるみるうちに痩せていくんだ。

 

殴られたくて、追いすがっても、

力なく追い払われるだけ。

 

次第に俺のことさえ、

目に入らなくなっていくようだった。

 

腹を満たして、力を取り戻して彼らに

殴られ、蹴られたかった。

 

ここにいる理由がどうしても

欲しかった。

痛みと血という目に見える形で。

 

それらは、ここにいても良いという

印だから。

 

だから俺は

力を振り絞って石畳を蹴り、

食べ物を盗んできた。

 

熟れ切らない果物と

ほんの少しのパン。

 

これで、きっと、

何もかもうまくいく。

 

――なのに上神様、どうして。

 

 

アズサくんはもともと人間だった。

 

私と同じ、人間……。

 

なのにどうして

こんなに遠く感じるんだろう。

 

アズサくん。

 

わからないよ……。

  评论这张
 
阅读(249)| 评论(11)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017